FC2ブログ




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






20070819110217.jpg 実家へ帰ってきました。ゴハンが美味しくて、ついつい食べ過ぎちゃうよ~。
20070819104655.jpg 今日は、富士川SAの朝食ブッフェ後、白糸の滝へドライブ。マイナスイオン大放出中!気温33度の中、そこだけ25度くらいで涼しぃ~。富士山の雪解け水が、湧き出してるからすんげー冷たい。冷やしきゅうり&トマトが1個100円で売ってましたぜ。
スポンサーサイト







ねー、マイナスイオンって何?
なんかで聞いたことはあるんだけど…
【2007/09/26 01:08】 URL | NO NAME #-[ 編集]
≫TK
空気中に含まれる僅かな電気を帯びた物質のことで、
ストレス軽減効果・リラックス効果などがあり、
滝や噴水など水しぶきの多い場所に存在するんだ。
レナード効果によるもので、その量は1平方センチに10,000個を超える場合もある。
【2007/09/26 12:41】 URL | ないく #SFo5/nok[ 編集]
最後の1行が超難しくて意味わからないから
わかりやすく教えてほしいよv-222
ていうか俺が理解できないようにわざと難しく言ってない?(笑)

へー、空気の中に電気があるのかぁ。
なんか感電しそうで怖いような気がして身体に悪そうな気がしてこない?

しかしないくは何でも知ってるねe-280
【2007/09/26 19:42】 URL | NO NAME #-[ 編集]
≫TK i-179/
電気といってもごくわずかなものだから感電はしないよ。
滝のそばへ行って感電するなら誰も近づかないよねw
難しいのは「レナード効果」っていう言葉だけジャン。

「・・・(略)・・・ 水が噴霧されると、できる液滴の大きさはある分布を持つが、特に大きな液滴と細かい液滴の間には帯電極性の逆転が見られる場合がある。水の表面は負極性に、そのすぐ内側は正極性に帯電しており、水が分裂して小さな粒径の液滴ができると、小さな液滴は負極性に帯電し、大きな液滴は残りの正極性電荷を持つ傾向がある。これをレナード効果という。」
「静電気の基礎と帯電防止技術」/村田雄司 著 (P.24 から引用)
【2007/09/26 20:57】 URL | ないく #SFo5/nok[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 ひまつぶしブログ, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。